時間の有限性と意識

前回の投稿より既に一週間以上経ってしまい、習慣化の難しさを痛切におもった。日々のルーティンや私生活での乱れが投稿にも響いた。週始めの日曜日を如何に過ごすかで、その週の濃密度が変化することも日記で実感したものなので対策をしていきたい。

 

今回のタイトルである「時間の有限性と意識」は私生活の大きな悩みであり、2017年一月から半年以上改善に取り組んでいるのだが習慣を作ることができずにいる。どうしても、夏期休暇が始まるまでには時間を自分のモノにしたい。

 

PDCAサイクルを用いて自らの行動是正をするのであれば、はじめの計画タスクを日曜日に疎かにするだけで日々の忙しさに目的を失い、時間の意識さえも失われる。

 

また、五月の通学時間はかなり有意義に過ごせていた自分がいたのは自己啓発にカテゴライズされる書籍を読み、自らを高める時間を作っていたからだと、この記事を綴りながら確信した。自己研鑽という言葉が大好きになりつつある。

 

 

今回は論理的な展開のないつぶやきの塊の記事になってしまったが、投稿せずにいるよりマシだと判断した。そして、ここにある悩みのエッセンスを振り返る空間にもしようと考えている。